日記一覧 | 福岡市南区周辺の不動産をお探しならタカノホームにお任せ下さい。

営業時間9:00~19:00定休日毎週水曜日

日記

DIARY

こんにちは。タカノホームです。

本日が、2020年の最終営業日です。

年始は、1月5日火曜日より営業再開いたします。

お休み期間中に頂いたお問合せや

ご登録に関しては、営業再開後

順次回答・ご連絡いたします。

 

2020年は、コロナウイルス

に大きく影響を受けた一年でした。

たくさんの当たり前や、

日常が消えていく中、

新しい楽しみ方や、働き方、

心配と変化の多い一年だったように思います。

 

来年はどんな一年になるでしょうか。

去年の今頃、こんな未来が来るなんて

誰も予測できてなかったですが、

来年の今頃はどんな状況で迎えているのかな。

 

一刻も早いコロナウイルスの終息を、

平穏な日々が戻ることを期待して、

本年最後のブログにさせていただきます。

 

今年一年大変お世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿日:2020/12/26   投稿者:-

こんにちは。

タカノホームです。

本日は、屋形原3丁目で完成した

タカノホームが売り主のコンセプトハウス

『土間がある家』

のご紹介です。

名前の通り、

土間

が、玄関入ってすぐのスペースに広がっています。

みなさんは、土間と聞かれるとどんなことを

想像されるでしょうか。

こちらのコンセプトハウスは、

広々と広がる土間があることによって、

室内で家族と会話しながら

自転車いじりをしたり、植物を育てるスペースにしたり

アウトドアグッズのお手入れをしたり、

自転車を飾りながら保管したりと

様々な活用方法・暮らし方が可能です。

物件情報を公開していますが、

間取りや写真からは伝わりづらい

空間の広がりや窓からの景色、

ぜひ現地で体感していただきたいです。

 

こちらの物件は、タカノホームが売主ですので

仲介手数料などもかかりません。

 

ご興味のある方は、ぜひタカノホームまで

直接お問い合わせください。

お待ちしております。

 

投稿日:2020/12/19   投稿者:-

今日は、お預かりしたばかりの「平和1丁目」の土地をご紹介いたします!

《高級住宅街の広い土地》

「平和」と地名を聞くと、何となく高級住宅街をイメージされる方も

少なくないのではないでしょうか?

寺塚や大池に隣接していて、昭和時代の富裕層が「高台に邸宅を構える」

という感じでしょうか?

この物件、古家が付いていて、今でこそ老朽化が進んでいますが

新築当初は、近所でも噂になるほど先鋭的なデザインで

建てられたそうです。オーナー様のお話によると、県外からも

建築関係の方が見学に来たとの事。

たしかに、建具やガラス、板張りの外壁など、見る人が見れば

古材としてよだれが出そうなアイテムがふんだんに使用されています。

また、今ではRCで作ってしまう擁壁(土留め)も石垣で作られていて

当時の職人さんの技術の高さを感じます。

(中には、私の背丈よりも高い庭石があり、圧巻です!)

残念ながら、リフォームして住むには費用が掛かりすぎるとの判断で

土地としての販売になっておりますが、リフォームでチャレンジしたい!という

方ももちろん大歓迎です!!

そして、古家だけの魅力ではなく、土地としても魅力的な部分が多数。

一番は、西鉄平尾駅まで徒歩圏内!という点。

平尾まで出れば、ほぼ何でも揃う環境というのは言うまでもないでしょう。

天神までもアクセス良好ですし、利便性は抜群ですね。

しかも、そんな利便性の高いエリアにありながら、周辺は閑静な住宅街。

さらに、先ほども書きましたが、高級住宅街な感じなので

道幅も広く、緑豊かな感じでとっても住環境の良いエリアです。

《斜面を利用する》

この物件、北西角地なのですが、北側道路が坂になっています。

敷地内もその道路に添うようにひな壇・傾斜地になっています。

現状は、古家が2棟建っているのですが、建替えする際に

「傾斜に合わせて建築する」というのはいかがですか?

昨今は、「道路との高低差がある=造成して平らにする」

ですが、なんだか同じような建物ばっかりになって

物足りなさを感じる事も。

また、「平らにする=道路との高低差をモロに感じる」敷地に

なってしまうのもデメリットの一つです。

言うまでもなく、メリットは有効敷地面積が広くなる、です。

・・・それならば、圧迫感が出る擁壁を作らずに敷地を最大限に利用すれば、、、

その答えの一つが斜面なりに家を建てる、です。

建築的にはちょっとハードルが高いとは思いますが、

出来上がった建物は、かなりインパクトのある建築物になるはず!

ネットで「斜面 建築家」で検索すると、

面白そうな写真がいっぱい出てきますよ。

《半分を有効利用する》

一方で、大は小を兼ねるとは言うものの、やはり若い世代には

ちょっと広すぎる土地かもしれません。

そこで、検討したいのが、分割して半分を自宅用、

半分を収益用で活用するという手法です。

活用法としては、、、

・駐車場経営

・借家を建てて貸しだす

・売却する

などでしょうか。いずれも良し悪しがありますが

ライフプランに合わせて運用すれば、強力なリスク回避手段となり得ます。

《親子で購入する》

冒頭にも書きましたが、昭和時代の高級住宅街、、、

今ではご高齢の方が多くなってきています。

「高齢になり持ち家の管理が大変。でもマンションは避けたい」

というご家族にご検討いただきたいのが2世帯住宅。

子世帯と生活圏が合えば、実家近くで2世帯住宅を建て

両親を迎えて同居する、いいお話じゃないですか?

もちろん、子世帯にもメリットがたくさん!

・両親にすぐそばで子育てをサポートしてもらえる

・マイホーム購入費用を親と一緒に支払う

特に、支払いの件では、単世帯では諦めないといけない

エリアや広さが、俄然、射程距離に入る場合があります!

《最後に》

この物件、やはり目に付くのはお値段だとは思いますが、

ご紹介した方法をご検討いただければ

もっと魅力的に見えてくるのでは?

詳細は、物件情報(←クリック)をご覧ください!

投稿日:2020/11/05   投稿者:井本 俊亮

タカノホームでお預かりしている大平寺2丁目の売地についてご紹介です!

《裏庭のある家》

この物件は、裏手が3mを超える擁壁になっています。

新築をする際に、いろんな事をクリアしないといけないですが、

その前に、こういう敷地に”住む”場合の事を考えていきましょう。

昨今、気候変化に伴うゲリラ豪雨等で、想像を超える被害をもたらす

災害が起こり、擁壁の安全性についても取り出されることが増えてきていますね。

土地を選ぶ際に安全に住めるかどうかは大事なポイントに間違いありません。

この物件の裏手の擁壁についても、ご覧になられた方は不安を覚えられるかもしれません。

ですが、ご安心ください。こんな土地に建てる際の安全性について

行政が指針を出してくれています。

 

イラストは「がけ条例」という条例の中にある、擁壁下に建築する際の規制を

この物件にあてはめたものです。

擁壁から7mほど離れたところに建築すれば安全ということになります。

裏庭的な部分ができる感じですね。方角で言うと、裏庭が北側になります。

擁壁上の建物からは、擁壁側が南になるので多少のお庭と大きな窓が来るはずです。

ですが、イラストのように、擁壁上の建物の窓辺からは、裏庭にとどまらず

1階の建物内さえも見ずらい環境になります。

このシチュエーションを上手に取り込めば、プライベート性の非常に高い

1階居住空間と裏庭が作れるのです。

北向きになるので吹抜けなどを駆使して、光を入れてあげて

裏庭に向かって思い切りの良い大きな窓を取ってあげれば

とっても開放的な空間が生れます。

 

裏庭には大きなデッキを作ってあげるもよし、

グランピングでよく見るようなテントを張っても良し、

大きく成長する庭木を気にせず育てても良し

(裏庭では枝葉の越境や落ち葉などあまり気にせずに育てれます)

ピザ窯を作っても良し、ゴルフの練習場を作っても良し、

はたまた、バスコート付きのラグジュアリーなお風呂を作っても良し、、、、

道路からも隣接の家からもほぼ見えない空間ができることで

いろんな楽しいことが実現できるのです。

他にもいろんな事が出来るかもしれませんが、南向きの道路に向かって開放的な

土地では、なかなか実現でき無さそうな事を取り入れたい方にとっては、

むしろ最適な土地と言えるのではないでしょうか?

 

これまで、一般的な”良い土地”を見られて、なかなかしっくりこなかった方、

ぜひ一度ご覧になられてみて下さい!

個人的には、通り土間的なガレージなんか作ってみたい気がします。

ガレージの背中側の壁を作らず、道路から裏庭まで通り抜けて見通せる感じですね。

バイク好きな仲間を集めて、裏庭に工具を広げ、ビールを飲みながら

「あーでもない・こーでもない」などと言いながらカスタム談義に花を咲かせる。

最高ですね~


《立地》

この物件は、高宮駅から南南西に約4.4km。

大平寺は、柏原・花畑・桧原などに近いです。

いわゆる閑静な住宅街。戸建の多いエリアです。

最寄りの公共交通機関は、西鉄バス『大城戸』で徒歩約8分。

『大城戸』から天神エリアまでのバスは、7時台・乗り換えなしで9本、

所要時間は40分~50分です。

小学校は、柏原小学校、約700m。

中学校は、柏原中学校、約950m。

近隣に桧原運動公園という施設があり、徒歩で約10分程度です。

グランドやテニスコートがあり、リバーサイドの遊歩道には桜並木が続きます。

広場も数か所あって、週末にはお子様連れのファミリーで賑わっていますよ。

その隣に、花畑園芸公園もあり果物狩りや、珍しい植物鑑賞などもでき

お花やお庭いじりが好きな方には、夢のような施設です。

また、施設内に展望台があり、福岡市内が一望できます。

こちらにも多数広場があり、散歩コースにはもってこいですね。

スーパーなどお買い物ができるお店は少し離れていますが、

徒歩10分くらいの所に「新三浦酒店」という酒屋さんがあります。

一度見ると忘れられないほど目立つカラフルな筆書きの

お品書きが店先に大量に並べられていて、

地域の方で知らない人はいないと思います。

お酒以外にもお醤油やお味噌などの品ぞろえが豊富との口コミを見受けます。

ぜひ一度行かれてみて下さい!

それから、物件からすぐ北側に「源蔵池」という変わった形の池があり、

地図でみたらすぐにわかるので、目印になりそうですね。

 

《最後に》

価格や広さなどについては、こちらの物件情報(←クリック)をご覧ください。

裏手の擁壁の件でご不明点もあるかと思いますので、ご興味ございましたら

ぜひ、お気軽にお問合せ下さい。

お問合せ、お待ちしております!

投稿日:2020/11/01   投稿者:井本 俊亮

先週土曜日に、会社近くに住んでいるスタッフと

お世話になっている土地家屋調査士のご自宅で

親睦BBQをしました。

先生のご自宅はタカノホームで建築させていただきました。

敷地は、敷地延長の土地(通称:旗竿地)で、どちらからと言うと

購入を見送られる物件になります。

しかし、敷地延長で道路に面していなところに家が建っており

先生の家は凹型。

凹の中庭でBBQをするのですが、道路に面していないので

全く人目を気にすることもなく、家のカーテンも全開放

家の中ではキッチンに立つ奥様や家の中で遊ぶお子さんの姿も見え

本当に羨ましく感じました。

旗竿地は車の出し入れなど不便なところもありますが、それ以上の

魅力的な価値ある土地だと思います。


不動産情報が並んでいると、一般的に言われている

「これには価値がある」と言われそうな

魅力を探しがちですが、実際に現地に行ってみたり、

不便に見える土地で楽しく暮らしている様子を感じられると

また違った見方ができるかもしれませんね。

 

                       篠崎 浩

投稿日:2020/10/21   投稿者:-